05<1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.>07

Woo+Mar+Chi*DIARY*

Woolong+Margaux+Chihiro na mainichi.

top_samuneiru2

PAGE TOP

スポンサーサイト 

--/--/-- --. 
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback --  Comment --   

edit

PAGE TOP

うーろんの一大事。 

2010/11/03 Wed. 
*Dog

記憶が薄くなってしまうまえに。。書いておかなくてはっ。。。( ̄∇ ̄+)
足腰の衰えと共に、ソファの上とベットの上には自力で上がれなくなった「うーろん」。
そんなうーろんの寝場所は、あっちこっちにあるカドラーか床の上と決まってて、もう一匹の「まるご」とは正反対で、寝る時に飼い主は必要とされないのが日常。

冬を間近にしたこの日、ちょっぴり冷え込んだ夜。
暖かい季節とは違って、この日のように寒い日には…元気な頃はモソモソと飼い主の寝るベットに上がってきて、お布団の中に入りたいと催促するが如く、私の足の上に上がってくるのが定番だった。
ところが、今年はそうはいかなかった…いけなかった様子。。
夫が朝方に気が付いた時は、うーろんちょっぴり冷たくなっていたので、夫の布団に入れて一緒に寝たらしいのだけど…なにやら、夜も明けきらない時間に夫が騒いでるではないの。。( ̄‥ ̄)=3
お布団の中でモソモソ蠢くので、おろしてやったら水を飲みに居間にフラフラ~と。。。
水を飲んで間もなく、大きくリバース…( ̄∇ ̄|||
そんなゲロゲロを目の当たりにして、騒いでいた夫君。
吐く事はそんなに珍しくないので、その後様子を見る事にして再び眠りにつこうとした矢先に…またまた、大騒ぎしている夫君。 ̄◇ ̄!
なんとなんとっ!おしっこまでお布団の中でしちゃってた様子。。(苦笑)
ベットから自力で降りられない「うーろん」をベットに入れた夫君が悪いと、しこたま私に叱られ(笑)自分のお布団まで汚されてしまった夫君には、散々な祝日の朝の出来事だった。

そんな出来事があって、これからの寒い季節を目の前にしてこのままではイカン!と、私の古くなったベットを処分して当分の間は私もお布団でうーろんと一緒に並んで寝る事にした。
と、ここまではヨカッタのだけど…どうも様子がおかしい。。。( ̄- ̄;)
あちこちにぶつかってヨレヨレ…しかも、やっぱり吐くのと、なんだかどんどん首が左の方に傾いていって、グルグル回るのと面白いくらい転がるのだった。。

1日様子をみたのだけど、とっても様子がおかしいので病院に行くことにした。
診察の結果は「前庭障害(ぜんていしょうがい)」という聞いたこともナイ病気。
なんでも、平衡感覚を掌る三半規管の病気とか。。 ̄□ ̄*;
私は気が付かなかったのだけど、うーろんの眼球が動いているのをお医者さんから指摘され、さらにビックリ!!
吐くのは、目が回って気持ち悪くなるのでは?ということで納得。

病気も驚きだったのだけど、うーろんの体重に驚いた。。ナント!6.2キロ!!
まるごとなんら変わらない体重まで痩せていたのにはビックリ~Σ( ̄ロ ̄lll)
とりあえず、動けない介護はショウガナイとしても…このまま吐き続けて痩せてしまったら体力がナクなっちゃうのが一番の心配だった。。
そこで、胃に長い間食べたモノがあると、吐いてしまうので、フードを柔らかく消化を良くして回数を分けてあげるのと若干の吐き止めの薬とステロイドを処方してもらった。

この前庭障害にも3つあるらしく。。
------------------------
1→末梢性前庭障害・・・鼓室(耳の奥)になんらかの炎症が起こって引き起こされる障害。
2→中枢性前庭障害・・・脳炎、腫瘍など脳の中枢の病気によって引き起こされる障害。
3→突発性前庭障害・・・特に原因がない。老犬のみが発症するので「老齢性前庭障害」とも呼ばれるもの。

1の場合は鼓室の外科的治療が必要となるものの予後は良好。
2の場合は脳の中の病気ということで予後はかなり悪い。
3の場合は一週間ほどで自然治癒するくらい予後は良好。
------------------------
↑にあるように、うーろんは「突発性前庭障害」突発性=原因が不明ということらしい。。。
先生の話によると…突発性前庭障害は、放っておいても一週間ほどで自然治癒していくといわれているらしいのだけど、初めて診てもらったこの日は前庭の異常の疑いがあるということで、脳の方も検査しますか?の問いに、老犬故にあまり負担のかかる事はさせたくないと返答したのだけど…それがイイのか悪いのか自信マルデナシだった。。(_ _|||)
で、ステロイドを使用することでその治癒を早めることができるとの事で、薬を試してなんら変化ナシの場合にはMRI検査をという事で帰宅したのだった。

後日、友人に聞いて驚いたのだけど…あの子もこの子も。。うーろんと同じくらいの年齢のシュナウザーわんこ達も発病している事を聞いてビックリ!
この病気は「老犬」にとっても多いらしく、この病気を得意としている病院もあるとか。。
それから「脳の病気は秋に多い」らしい。。。
今現在、なんとか後遺症も残らず元気になりました。でも、繰り返す事もある病気らしいので、季節の変わり目等これからは気をつけなくちゃいけないみたい…。
体重も7キロまで増えました。ただ、やっぱり暗いと平衡感覚がイマイチよくないらしく…グルグルっ←コレはもしかしたら呆け症状かもしれないのですが、右にグルグルまわっちゃうみたい。。(-"-)

とにもかくにも、この日からイヨイヨ…寝た切り介護の日が来ちゃったかな。。と一時は覚悟した出来事ではあったケド、なんとか復活してちゃんとまたお散歩まで行けるくらいに回復できた事は、本当に感謝しきれないくらいな「うーろんの一大事」だった。

20101103_woo




×××××××××× 2011.1.28更新 ××××××××××

edit

PAGE TOP

« 恒例の牡蠣会。
紫陽花。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woomarchihiro.blog98.fc2.com/tb.php/326-7a80697f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

copyright©2017 Woo+Mar+Chi*DIARY* all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。